読まれる記事を書くために 1歩目

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いよいよです。
今回からコピーライティングについて
私の持っている知識をすべて出していきますよー!

もう本当に一切包み隠さずに書いていこうと思うので
見落とさないようにしてくださいね(*´ω`*)

テクニックについてはすべて実例付き
解説していこうと思っています。

口先だけなら誰にでも出来ることだし、
「イマイチわかりにくい」とか
「それどう使うの?」ということも出てくると思います。
(経験談)

なので私が実際に使った例や例文を用意して
わかりやすくお伝えできればと思います。

せっかく内容が良くても伝わらなければ
全く意味を成さないので。
私がいきなりアラビア語とか使い出しても
誰も理解できないでしょう?

هل تقرأ هذه الجملة؟

このように。
(グーグル翻訳様参照)
わからなければ、伝わらなければ
文章を書いたことに意味はないのです。

ではでは早速前回の記事に使ったテクニックを解説

していく前に前置きしておかなければいけないことがあります^_^;
ヽ(・ω・)/ズコー

コピーライティングの根っこの部分の話なんで
これ無しにはコピーライティングは語れないんですね~。

なのでぜひ読み飛ばさずに目を通してください。

テクニックではありませんが
コピーライティングにおけるマインドのようなものです。

コピーライティングって何だと思いますか?

今までにもコピーライティングという言葉は
目にしたことがありますよね。

コピー……、コピー=複製と考えると
コピペ記事のことかな?

なんて初めて見たときは思ったものですw

だってコピーって言われたら
絶対「複製する」のコピーを思い浮かべますよね!!
この勘違いは私だけではないはず!

実際にはコピーライティングのコピーは
キャッチコピーのコピーなんですけどね。
うん、こっちのほうが意味は伝わるでしょう。

ま、要するに広告とかの文章を書く技術です。

で、ここからが本題。
コピーライティングの最大の目的って
何だと思いますか?

これは一度考えてもらいたい。
ここをちゃんと理解するとしないとでは
全然変わってくるから。

・文章を書くこと?
これは違うのわかりますよね。
ただ文章を書くだけなら誰にでもできることです。
特別にテクニックとか要りません。
どういう文章を書くか、です。

・きれいな文章を書くこと?
これも違いますね。
私たちは小説家を目指しているわけではないので(^_^;)
文章がきれいである必要はまったく無いです。
最低限、言いたいことが伝わる文章が書ければ。
目的、ですよ?

・(商品が)売れる文章を書くこと?
半分正解です。
おそらく辞書的な意味で言えば正解でしょう。
私も前々回くらいの記事でそんなふうに書いたことがあります。
が、ここで私が求めている答えとは違います。
最終的にはそこに行き着くんですけどね。
その一歩前です。

あんまり勿体ぶるものでもないので正解を言いますね。

「最後まで読まれる文章を書くこと」

これが私の考えるコピーライティングの最大の目的です。
言ってしまえばタイトルに答えはあったわけですねw

理由をお話ししていきましょう。
まず「売れる文章を書くこと」が不正解な理由について。

実はコピーライティングが商品を販売するときにしか
使えないかというとそんなことはありません。

普段の役立ち系の記事でも普通に使うことが出来ます。
なぜならコピーライティングは「最後まで読まれる文章を書く」技術だからです。
全部が全部使えるわけではありませんけどね。

セールス系の記事にしか使えないと思うのは
視野を狭めてるだけです。
これを理解しておいてください。

今あなたが読んでいるこの記事もですね。
絶賛コピーライティング駆使してますw
でもセールスとか一切してないし
少なくとも今のところはする気もありませんよ?

ではなぜ最大の目的が「最後まで読まれる文章を書くこと」なのか?
これについてもお話ししましょう。

コピーライティングの最終的な目標は
「商品・サービスを購入してもらうこと」
これに尽きます。
だって売れなければ商売になりませんからね。
生活していくこともできません。
だからそこは変に誤魔化さなくていいです。

では購入してもらうにはどうすればいいかというと
お客さんに納得してもらう必要があります。
「これはどうなんだ?」
というものを買ってもらえるはずがないですもんね。

では納得してもらうにはどうすればいいかというと
お客さんを説得する必要があります。
こちらから働きかけなければお客さんも変わりません。

では説得するにはどうすればいいかというと
文章を読んでもらう必要がありますよね?
だって読んでもらわなければ伝わりませんから。

直接会ったり、動画やスカイプで話したりするのであれば別ですが
ブログやメルマガのような媒体では記事を読んでもらう他にありません。

はい、出てきました!
「読んでもらう」
ここがスタート地点です!

読まれることがなければ
買われることはありません。
加えて言うなら1行2行読んでおしまいでも
買われることは無いでしょう。
最後まで読んでもらう必要があります。

読まれない文章には一切の価値がありません!
はっきり言って無駄です!何の役にも立ちません!

「売れる」文章より
「読まれる」文章を意識しましょう!

実際のところ、コピーライティングの半分以上は
読まれるためのテクニックです。
読まれなければ意味が無いのです。

コピーライティングは「読まれる文章を書く」方法。
今日はこれだけを覚えて帰ってください。

ではそれを踏まえてコピーライティングテクニックを
紹介・解説していこうと思うのですが……

ごめんなさい。
前置きで尺を取り過ぎてしまいましたw
実はここまでですでに2000字超えてるんですよ(^_^;)
長く感じたか短く感じたかはわかりませんけど。

1000字書けばそこそこ長いという中で
倍以上の文章を読んでくれたのはとても嬉しいです。
作者冥利に尽きますね^^

とはいえさすがにこのペースで書いていたら
5000字超えちゃうのでそれは1記事にしては長すぎるだろうと。
読んでるほうも疲れるでしょうし。
なのですみませんが今回はここで切らせていただきますm(_ _)m

今回はコピーライティングの第一歩ということで
根幹となるマインドの部分をお話ししたわけですけど……
正直まだまだ語り足りないくらいw

それだけ大事なことなんだけど
この意識の持ち方だけでも変わってくるんだけど……

さすがにテクニックの話をすると言っておいて
まったく触れないのはどうかと思ったので

キーワードだけ紹介しておきますね。

コピーライティングテクニック一歩目のキーワードは
「最初を読ませる」です。

詳細・解説は次回をお楽しみに。

これすっごい大事ですよ~。
もうこれ抜きにコピーライティングは語れないね!
今回の内容ともリンクしてるよー。

それ以外にもコピーライティングいろいろあるけど
絶対に1回では書ききれない自信がある(笑)
ということでしばらく続きます。

どうぞお付き合いください♪

編集後記

セールスする気ないと言っておきながらなんだけど
ツイッターでもつぶやいたことなんだけど
ちょうど見計らったかのようなタイミングで
Amazonから本が届いた。

私が超リスペクトしてる人が大絶賛してたんで
面白かったら紹介しようと思う。

ただ私に合うかはわからないんで
紹介されなかったら合わなかったってことで。

(1日経過)
気分転換に読んできた。
これすっげー良いこと書いてあるわ。

まだ半分しか読んでないけど
すごく勉強になる。

主にマインドの話なんだけどね……

あーでも紹介するならちゃんとしたいなー!!
紹介の例として近いうちに使うかもしれませんw

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
mailget kochira1-5

コメント

  1. パソコン1つで稼ぐ仕組み NET-Q より:

     のび~さん、こんばんは。

     読まれること。まさに、それですよね。

     どんなに優れたテクニックがあっても、商品がすばらしくても、
     読まれなかったら気付かれもしないんですものね。

     のび~さんの文章を読んでると、「いつ来るかな・・・」と、
     ドキドキします。何が来るかは想像にお任せします(笑)

     それだけ引き込まれてしまいますね。

     次の記事も楽しみにしています。

     一つ、お礼を言わせてください。

     ランキングで1位になりました。
     応援いただけたこと、その喜びを忘れず、
     これからも進んでいきます。

     本当にありがとうございました!

    • のび~ より:

      NET-Qさん
      コメントありがとうございます^^

      く、来る?
      いったい何のことだろう……?
      気になる……。

      ランキング1位おめでとうございます!
      私の力なんて微々たるものですけど
      これからも応援していきます♪

  2. ブログビジネス情報屋 もろこし より:

    のび~さん

    こんばんわ、もろこしです。

    ブログで売るためには、避けては通れない
    テクニックですよね、コピーライティング!

    とても続きが気になってしまい、のび~さんの
    コピーライティングのテクニックの魔力に
    やられてしまいました・・・。

    続き、期待させていただきます~。

    応援ぽちっとさせていただきますね~。

    • のび~ より:

      もろこしさん
      コメントありがとうございます^^

      記事内でも書きましたけど
      コピーライティングは売るため以外にも使えるんですよ~。

      続きも早くアップできるように
      頑張りますね♪

  3. 毎日がきっかけ より:

    のび~さんこんばんはー。

    いつもコメント&応援ありがとうございます^^

    最後まで読まれる事!

    たしかに!

    だから私欲しくならないんだ!

    最後まで読まないから^^;

    途中で「あーなげー、どこまであんだよこれー」

    とスクロールして読んだ気になって閉じるっていう。

    勉強になりました^^

    次の記事も楽しみにしています☆

    • のび~ より:

      きっかけさん
      コメントありがとうございます^^

      セールスレターとかって長いの多いですよね。
      だから私も読み飛ばしちゃうこと多いです(笑)
      同じことが何回も書いてあったりするし……。

      長いというのは必ずしもマイナスではないのですが
      ずっと営業トーク聞いてたら
      そりゃ退屈になって飽きますよ。

      だからこそ
      コピーライティングが活きるのです^^

  4. てつのぶ@自由人 より:

    コメントを入力
    のび~さん、こんばんわ!
    てつのぶ です。
    ブログ訪問&コメントありがとうございました。

    のび~さんのブログは読みごたえがあって
    楽しいですね。

    やっぱり最後まで読んでもらえる記事を
    書くことは大事ですね。

    よかったら本のタイトル教えて下い。

    応援して帰ります(^^)/

    • のび~ より:

      てつのぶさん
      コメントありがとうございます^^

      コピーライティングの目的、
      わかって頂けましたでしょうか?(*^_^*)
      これを覚えておいて
      書くときに意識するだけでもだいぶ変わってくると思います♪

      本というのは編集後記で書いたやつのことですかね?
      それなら「斎藤一人の道は開ける」という本です。
      そこそこ有名な本なのでもしかしたら既に読んだことがあるかもしれません。

      読んだことがなくても
      近いうちに紹介しますので
      そのレビューを見てから判断してもいいと思いますよ^^

  5. イノチャンティ より:

    のび~さん、お世話になっております。

    ただ、単純に文章を上手くなるだけでは、
    国語の上手な人、でしかありませんよね。

    読者さんが、最後までスラスラ読み進められるような、
    文章力を身に付けて、
    誰かが何かに気付ける。
    そんな、人間を目指していきたいですね!!

    極めれば、電子書籍出版も夢ではないのかも…?笑

    今日も応援完了してます!

    • のび~ より:

      イノチャンティさん
      コメントありがとうございます^^

      国語の上手い下手なんて
      全然関係ないですね。
      何が言いたいかを伝えられればそれでOKです。
      そこにちょっとした工夫を加えるだけですからね♪

      電子書籍ですか。
      そこまでは考えてなかったですねー。
      ブログやメルマガに限らず
      無料レポートや商材を作るときにも
      使える技術なので全然いけると思いますよ^^

  6. 春日かなた より:

    のび~さん、こんばんは。
    春日かなたです。

    コピーライティングといえば、商品を売るための文章を書くことだと考えていましたが、本当は最後まで読んでもらうためのものだったのですね。
    『コピーライティング』と聞くと、
    難しそうなイメージですが、
    内容を聞くと、「なるほどそれならできそうだ」とおもってしまいました。
    のび~さんの記事の続きを楽しみにしています。

    • のび~ より:

      春日かなたさん
      コメントありがとうございます^^

      「最後まで読んでもらう」っていうのは
      私の独自解釈です(一応)
      辞書的な意味・一般的な意味では
      「商品を売るため」で間違いないですよ^^

      コピーライティングは全然難しいものじゃないです。
      それをこれから証明していきますね♪

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。