お金の価値観

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は価値観の回です。

まず価値観ってわかりますかね?
難しい言葉のようにも見えますけど
なんのこっちゃいない、ものの見方とか考え方です。

この価値観というものは人によって大きく変わります。
10万円をとんでもない大金のように思う人もいれば
ランチに使うくらいの感覚という人もいます。
ちょっと極端すぎる例ですが(笑)

たとえば私たち、この文章を読んでるあなたも。
たぶんアフィリエイトのことを怪しいと思っている人はいないと思います。
怪しいと思いながらアフィリエイトやってるとかおかしいですよね(笑)

でもアフィリエイトのことをよく知らない一般人。
特に中年以降の人からしたら怪しいことこの上ないです。
アフィリエイトどころか、ネットで稼げると言っただけでも強烈に否定してきそう。

この反応の違いを引き起こすのが価値観の違いです。

価値観というのはそれまでの人生経験、境遇から自然と出来上がるものです。
なので個人差はけっこうありますね。
この個人差を埋め、一つの方向に誘導していくのが「教育」、
コピーライティングというわけです。

情報商材ってあるじゃないですか。
どの商材でもいいんですけど、たとえばこれ値段的にどう思います?
※買わなくて結構です。
『最後に・・・』の少し上に小さな字で書かれています。

妥当、あるいは安いと思ったあなたは完全に「教育」されてます。
こっちの世界にどっぷりですね^^

高いと思ったあなたはまだ一般人の感覚が残っています。

一般人の感覚で言えば情報商材って基本高いんですよ。
何百ページあるいは何千ページあるとはいえPDFデータに2万円。
ありえない値段なんですよ。

私の手元に300ページくらいで
文字びっしりに埋め尽くされたもので定価800円くらいの本があります。
一方で情報商材って見やすさも考慮されてけっこう行間空いてるじゃないですか。
つまり、字数的には大したことはない。

だから一般人の感覚からしたらありえないんですよ。
詐欺とかボッタクリじゃないかと疑う。

この「ありえない」を「ありえる」に変えるのがコピーライティングです。

この場合には物の価値が重要になってきますね。
物の値段が何から決まるのか?
それは価値です。
価値があればほんの小指の爪程度の宝石でもウン十万とします。
それだけの価値があると「教育」すればいい。

確かにデータ量としては大したことない。
けど毎月10万円が手に入るノウハウですよ?
1年で120万!
そんな大きな利益をもたらしてくれる商品がたったの2万円!!
買うか買わないか、どちらを選んだほうが賢いと思いますか?

恐ろしく雑に書くとこんなん。
ただし書いてから気づいたけどこれ「販売」のコピーだ(笑)
商品の値段を出さずに、
いや出来る限り商品の臭いを出さずにやるのが上手い「教育」。
この商品にはこれだけの価値がありますよーってね。

これはお金の価値観の教育と言ったりもするんですが
あんまり使いません^^;
「教育」の中では特に売り込み臭が出てしまうので。
売り込み臭に気づかれてしまうと台無しです。

新規客には一度はやっておいたほうがいいと思いますが
リピーターが中心となってくるアフィリエイトではあまり多用はしないでしょうね。
しないほうが無難でしょうね。

そろそろ理論的な話も飽きてきたでしょうから
次回はもう少し実戦的な話をしましょうか。
読まれる文章とか。

お疲れさまでした^^

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
mailget kochira1-5

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。