コピーライティングを身につけるメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回はコピーライティングのメリットについて話していこうと思います。

とその前に、私がコピーライティングを勉強し始めたきっかけの話をさせてください。

きっかけはだいぽんさんの影響ですねー。
名前くらいは見たことある聞いたことあるという人も多いんじゃないかな?
トップアフィリエイターのあのだいぽんさん。
たぶんアフィリエイト業界ではトップクラスの有名人ですね。
私も特別面識があるというわけではないのですが
影からひっそりと応援しています^^

だいぽんさんの何がすごいって言ったら
やっぱり一番に挙げるのは文章でしょうね。
少し前にだいぽんさん自身も仰っていましたが。
目に見えてわかるような面白さは無いんです。無いんだけど面白い。
いつの間にか引き込まれてるっていうね。
読んでも読んでも全然飽きない。
だいぽんさんのブログには全部目を通しちゃいました(笑)

その中で、
ブログ・メルマガで報酬が爆発した理由として
『コピーライティングを勉強したから』ってあったんですよ。
また『コピーライティングとマーケティングを習得すれば一生お金に困らない』ともありましたね。

「じゃあやろう!コピーの勉強しよう」となるあたり私って単純ですね・・・^^;
今思い返してみると誘導目的もあったのかもしれない。
だからって間違いだとは思わないけど。

その理由について説明していきますね。
コピーライティングの勉強は頑張ったのでここは自信を持って言わせてもらいます。

単刀直入に言って
コピーライティングとは売るためのノウハウです。
どうやったら売れるか?
これを心理学、正確には消費者心理学の観点から解明したもの。
それがコピーライティングの正体です。

最近は脳科学からのアプローチもありますが
共通しているのは人間の仕組みを利用するというところですね。

どういうことかというと
人間にはこうしたら買うというプログラムが組み込まれているんですよ。
誰にでも。普遍的に。

どういう心理でモノを買うかは決まっているんです。
それは「欲しいから」
欲しいからモノを買う。

これ以外にありますか?
食べたいからドーナツを買う。
痩せたいからダイエットサプリを買う。
お金がほしいからアフィリエイト教材を買う。

購買という行動の底にあるのはかならず欲求です。
自分が満たされたい、他人を満たしたいという欲求。

欲求がある。
それを解消したい。
だからモノを買う。

これが購買の仕組みです。
このうちの特に欲求を刺激していくのがコピーライティングの本質です。

欲求を生み出す→それを解消できる商品を提示する→だから売れる

これがコピーライティングが売上を爆発させられる理由です。

ここまで理解できていますか?
わからなかったら遠慮なく質問して構わないですからね^^
自分のためになりません。
知りたいという欲求があったら訊いてください。

また欲求からの購買行動は人間に組み込まれたプログラムです。
欲しいから買う。
こうなるのは極めて自然な流れですよね。
本能に従った行動です。

はい出ました「本能」。
コピーライティングは人間の本能を利用したノウハウです。
生物学的にプログラムされたこの本能は不変のプログラムです。

何が言いたいかというと
「欲しいから買う」という購買心理は永久に変わることはありません。
100年200年、いや1000年2000年経っても変わらないでしょう。
欲しい→買う
この図式が崩れることは理論的に考えにくいですね。
私には想像できない。

ということは、ですよ。
コピーライティングは永久に使えるノウハウということです。
だって人間の心理は変わらないから。
人間の心理を利用したコピーライティングも変わらず使い続けられる。

そして先ほども述べた通り、
コピーライティングはモノを売るためのノウハウです。
つまり、同じ方法で永久にお金を稼ぐことが出来る。
つまり、一生お金に困らない。

これは間違いないでしょうね。

売るためのノウハウ、つまりどうやったらものを売ることが出来るのか?
その売り方を知ることができる。
売れる方法がわかれば売上に困ることはありませんね。
そしてそのノウハウを一生使うことができる。

これがコピーライティングを身につけるメリットです。
私の知る限り、これ以上に楽で、堅実な方法は無いですね。
アフィリエイトでご飯食べていきたいと思うのなら身に付けて絶対損はないです。

次回は具体的にコピーライティングって何なのか?
これについて話していきます。

お疲れさまでした^^

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
mailget kochira1-5

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。